シズカゲル 白斑

シズカゲルは、シミ対策のオールインワンジェル。

シミ・シワ・乾燥・毛穴・肌荒れを同時にケアできると話題です。

医薬部外品に認定されておりシミへの効果が期待できる商品です。

そんなシズカゲルですが調べてみたら白斑という文字が…

美白をしたくて使ったのに白斑ができてしまったら大変です。

そこで、シズカゲルをつかったら白斑になる心配があるのか調べてみました。

シズカゲルを使うと白斑になる?

結論から言いますと「シズカゲルを使って白斑になどの肌トラブルになる可能性は極めて低い」です。

その理由は3つ

  1. 美白ジェルで白斑トラブルが有名になったのはカネボウ商品です。
  2. 白斑トラブルの原因成分は「ロドデノール」シズカゲルには配合されていない。
  3. シズカゲルに使用されている美白成分「アルブチン」は厚生労働省の認定している数少ない美白有効成分です。

白斑トラブルが取り上げられるようになったのは、以前カネボウが販売した美白化粧品で白斑症状になってしまった方が8000人以上もいた経緯があります。

白斑の原因になったロドデノールとは?

白衣女性

白斑で問題になった「ロドデノール」という成分はシズカゲルには配合されていません。

カネボウ化粧品の美白化粧品が原因の皮膚トラブルで、8千人超が顔や手などがまだらに白くなる「白斑(はくはん)」症状を訴えている。

「美白」をうたう化粧品はたくさんあるが、使い続けても大丈夫なのでしょうか。

問題となった美白成分「ロドデノール」は、シラカバの樹皮から抽出された天然物質に由来したもの。

カネボウ化粧品が開発し、厚生労働省が平成20年、医薬部外品として承認しました。

 

重症者が拡大していることもあり、美白化粧品そのものに不安を抱いている人は少なくない。

美白成分にはいろいろな種類があるが、ロドデノールと似たような化学構造の美白成分には、医薬品としても使われる「ハイドロキノン」がある。

ハイドロキノン配合の化粧品は既に10年以上使われているが、これまでにロドデノールのような白斑の症状は報告されていない。

参考URL【産経ニュース】:https://www.sankei.com/life/news/130807/lif1308070026-n1.html
参考URL【【厚生労働省】医薬部外品・化粧品による白斑等の副作用に関する対策について】:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000051960.pdf

シズカゲルは白斑にならない?

シズカゲルには、問題になった「ロドデノール」は配合されていません。

シズカゲルに配合されている美白成分は「アルブチン」です。

シズカゲルは安心して使えるように次のことを実施しています。

  • 7つの無添加
  • 界面活性剤フリー
  • パッチテスト実施済
  • 製薬会社と共同製造

これなら安心して使えそうです。

アルブチンとは?

メラニンの生成をおさえてシミそばかすを防ぐ働き。

  • 「アルブチン」メラニンの生成を抑えシミやそばかすを防ぐ効果がある「美肌有効成分」であることを示すものです。

メラニン色素の合成に関わる酵素であるチロシナーゼに直接作用し、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の合成を阻害する働きがあるため、美白効果があるとして化粧品などに配合されています。

アルブチンは、医療機関でも使用されている成分で、過去に出来てしまったシミ・そばかす・色素沈着などをケアする、優れた修復美白の働きがあります。

それは薬事的にみても、アルブチンは、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果がある「美肌有効成分」であることを示すものです。

>>アルブチンについてもっと詳しく

まとめ

yui

シズカゲルと白斑について調べてみました。

  • 美白ジェルで白斑の原因になったのは「ロドデノール」という成分
  • シズカゲルには「ロドデノール」は配合されていない
  • シズカゲルの美白有効成分は安全な「アルブチン」
  • アルブチンは医療機関でも使われている
yui

シズカゲルには白斑で話題になった怖い成分「ロドデノール」は配合されていませんでした。

また、シズカゲルは7つ無添加や製薬会社との共同開発というところも安心できるところです。

美白有効成分「アルブチン」は医療機関でも使用されているみたいです。

これで毎日のケアが安心して続けることができそうですね。

矢印

シズカゲルの口コミとレビュー
シズカゲルの公式サイトはこちら